アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カルトナージュのある暮らし [plus@home]
ブログ紹介
zoom RSS

ファーを使ったキーケース

2018/11/09 12:09
先日カルトナージュで作ったスマホケースとお揃いのファーを使って、もう一つコレも。

カルトナージュ ファー素材のキーケース


ちょっと餃子チックになってしまったけれど…
手に持つにはちょうど良い形。

カルトナージュ ファー素材のキーケース


開くと

カルトナージュ ファー素材のキーケースを開くと


丸い形のキーケース。

カルトナージュ ファー素材のキーケースを開いたところ


寒い季節にファー素材の小物を持っていると、ほっこりあたたかい気持ちになります。
実際ポケットに入れて手に触れた時、和みます〜

カルトナージュ ファー素材のキーケース&スマホケース
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ファーを使ったiPhoneケース

2018/10/24 15:10
すっかり秋めいてきましたね。
最近iPhoneを買い換えたのと、季節の変わり目ということで、カルトナージュでケースを新しく作り変えました

カルトナージュ ファーのiPhoneケース


今回はあったかそうなファーを全面に使って。
スモーキーなピンク。
横から見るとモフモフ加減がよくわかるかなぁ。

カルトナージュ ファーのiPhoneケースを横から見たところ


モフモフしているので…持ちやすい!

カルトナージュ ファーのiPhoneケース


内側にはカード2枚入れられるポケット。

カルトナージュ ファーのiPhoneケースの内側


色はこげ茶。
表がピンクなのでかわいくなりすぎないように、大人が持ってもおかしくないピンクファーのケースに仕上げたつもり、です(笑)
テーブルの上に置いていたら布巾と間違えてしまいそう。
テーブルを拭かないように気を付けないと。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


丸型ティッシュボックス

2018/09/26 15:28
夏にちょっと家具の移動をして、部屋の使い勝手にも変化が。
そこでリビングで使うティッシュボックスも新しく

画像


私はキューブ型のティッシュボックスが大好きで、これまでリビングではほぼキューブ型を使い続けてきたのだけれど、今回使うのは世界地図の柄の布、なのでキューブ型ではなく丸型に。
日本はココ

画像


表が落ち着いたグレー、だから取り出し口と内側には明るい色。
山吹色と、

画像


ヒューシャピンク。

画像


内側のティッシュを入れるハコに使ったのは…なんと、同じ布の裏側。
良い色味の布が見つからなかったんです。
迷ったすえ、プリント生地の裏側はただの無地だ!と地図の裏側を使うことにしちゃいました。
布には表裏があるから本当は良いことではないのでしょうけれど…
まあ、自分で使うものだし良しとしました。

我が家のリビングボードはとても細長いので、「あっち」と「こっち」に置いて使っています。

画像


食事をしながら使っていると、どうしても取り出し口近辺が汚れてしまうティッシュボックス。
しばらく使って汚れてきたら、ごみ箱にする予定。
作りたては愛着もあって美しい姿にゴミは捨てずらいけれど、だいぶ使い込んだ後には躊躇なくゴミを捨てられるので(笑)
末長いお付き合いになりそうです

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


別府のお宿 「GAHAMA terace」から東京の自宅へ

2018/08/06 22:13
自然いっぱいの阿蘇にお別れして向かったのは別府にある「GAHAMA terace/ガハマテラス」。
古く歴史のある建物を保存しつつ、客室はモダンで新しい雰囲気という、和洋そして新旧が混在する温泉旅館。

テラスと呼ばれるところには水盤。
プールではないけれど(水深15pだそう)水があるというだけで涼し気でリゾート感が。
増築工事中とのことで、正面には思いっきりビニールシート丸見えでちょっと残念。。。
(写真には写らないよう頑張って撮りましたが、左上にちょこっと見えてます。)

別府 ガハマテラス


お部屋に向かう通路左手には歴史ある建物「照波園」。
お茶室として利用できるそう。

別府 ガハマテラス 照波園


和の歴史ある建物を見た直後、お部屋に入る鍵は最先端のタッチ式カードキー、なんともいえないギャップ(笑)
お部屋も全体的に和モダン。

別府 ガハマテラス リビング&和室


ベッドルームも広々。

別府 ガハマテラス ベッドルーム


ゆったりとしたウォークインクローゼットがあるのでお部屋に荷物が散らばらず、素敵な雰囲気を十分に楽しめるのがとても良かったです。
キッチンコーナーが独立して設けられていたり、ウッドデッキに用意されたサンダルにカバーがかけられていたり、タオルウォーマーがあったり、きめ細やかな心配り。

そしてなんといってもお楽しみは、このプール

別府 ガハマテラス 部屋のプール


6.5×2.5mくらい?のコンパクトなプール、でもお部屋にあって自由に遊べるのは嬉しい
温泉を利用して一年中入れるらしい。

そしてこのドアの向こうには、プールからの〜〜〜

別府 ガハマテラス 扉の向こうに


温泉

別府 ガハマテラス 温泉


とても広くて、豊富なお湯が。
プールから直接入れるところに感激。
長くプールに浸かって冷えた体に暖かい温泉は最高!

夕食は割烹料理かフレンチかを選べます。
別府に来る前、界阿蘇さんで和食が続いていたので、ここでは迷わずフレンチを選択。
個室でゆったりと自分たちのペースでお料理が頂けるのも良かったし、変な話、クーラーの温度設定も自分たちで決められるので寒がりの私にはありがたかったです。
もちろんお料理もとても美味しく頂きました。

部屋に戻るとライトアップされたプールが素敵。

別府 ガハマテラス 夜のプール


一転、翌朝のプールはというと…

別府 ガハマテラス 翌朝のプール


すでに木の葉や枝などがたくさん浮き、それに加えてプールサイドの椅子に干しておいた水着が飛ばされて底に沈んでる…悲しい…(涙)

そうなんです、お部屋にプールって良いんだけれどね、大変なこともたくさん。
周りの木から常に葉などが落ちてきちゃう。
だからムスメと私がプールで遊ぶ横で、オットが常に網で葉などをすくう、という感じでして。
しかも台風が近づいてきている状況で、時折強い風が吹くとそれはもう大変でして。
ヴィラの屋根の上に残っていた松ぼっくりが飛んできたのには思わず笑っちゃいました。
チェックアウトの時間を1時間遅らせてもらい(2700円の料金がかかってしまうけれど)、プールと温泉を満喫しました。

宿を出た後は、とりあえず別府観光の大定番「地獄めぐり」でもするか。
別府には地獄(地底から湧き出る温泉噴出口)が7つあり、まず向かったのは「血の池地獄」。
ただでさえ暑いのにこの湯気が更に周囲の温度を上げている気が。。。

別府 血の池地獄


近くで見るより遠くから見る方が「血の池地獄」っぽい。

別府 血の池地獄


ここで携帯に悲しいメールが。
予約していた夜のフライトが台風の影響で欠航に
心配してはいたものの進路が少し反れたこともあり、まあ大丈夫だろうと甘くみてました…。
血の池地獄で地獄のようなメールを受け取ってしまった私たち。

さあ、ここからが大変!
観光なんてしている場合ではなくなり、どうやって帰るか必死の検索(笑)。
もう一泊して明日に振り替えても、飛行機が飛ぶ保証はなし。
飛行機がだめなら陸路?小倉から新幹線?
レンタカー会社に大分空港からJR小倉駅返却の変更OKもらって、新幹線のチケットもとれそう。
急遽、小倉をめざして高速を飛ばす。
待てよ、北九州空港からスターフライヤーが飛んでいるではないか!
と目的地は北九州空港へ再度変更。
なんとか4時すぎに到着して4:30のフライトに振り替えてもらいました。
でもなんだかんだで検閲通過したのは4:25
引き返す可能性もあるけれど離陸、なんとか静岡上空へ。

飛行機から見える台風の上?の雲


ここで機長からアナウンス。
今までの経験上、機長のアナウンスはあまり良いことがなく嫌な予感。
台風の影響で着陸する羽田の滑走路が1本しか使えない、着陸をやり直すかもしれないから到着時刻が遅れるかも、という内容。
とりあえず引き返さずにすみそう。お願いします、機長!!
でも台風だから揺れる揺れる。。。
私はすっかり乗り物酔いしてしまったけれど、なんと1発で無事に着陸
疲れたよ
ぐったりだよ
ほんと良かったよ

大分空港で食べるはずだった夕食の関サバ関アジは、羽田空港でラーメンに化けました。
でもホッとして食べたラーメンはとても美味でした。

無事に帰宅した後お風呂に入ってニュースを見ていたら、新幹線止まってるじゃない!
新幹線に乗っていたら、今頃まだ静岡辺りで足止めだった。
普段から何が起きても動じない神経の太さ、どうするのが良いのか瞬時に判断する感覚を研ぎ澄ましておくことも必要だわ、としみじみ感じた旅となりました。
もちろん無事に予定通り終わる旅行が一番だけれど、たまにはこんなハプニングも必要なのでは
まあ、終わりよければ全て良し
とにかく
ありがとう、スターフライヤー
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


阿蘇のお宿 「界 阿蘇」

2018/08/05 12:51
阿蘇での宿泊は「界 阿蘇」さん。

界 阿蘇


阿蘇くじゅう公園内にある緑あふれる温泉宿。
メインの棟、本館にダイニングや他の施設があり、お部屋は12棟の離れ、各お部屋に露天風呂がついていて、とてもゆったりと過ごせます。

まずお部屋に入ると大きな窓からお庭の緑が一面に。

お楽しみのお風呂は、手前にジャグジーバス、奥に露天風呂。

界 阿蘇 お風呂


アメニティが入っている風呂敷。
風呂敷の使い方メモもついて、結んで…手提げ袋を作って、滞在中お部屋の鍵やスマホを入れてお食事に行ったり。

界 阿蘇 アメニティー風呂敷


ベッドルームと

界 阿蘇 ベッドルーム


その奥に和室。
部屋が庭にせりだすような造りになっていて、窓の向こうには露天風呂。

界 阿蘇 和室


夕食前に本館にある「カルデラBAR」へ。
美味しいご当地ドリンクを頂きながら、阿蘇の自然やカルデラの成り立ちについて教えてくれます。
そして小麦粉と風船を使ってmyカルデラ作り
簡単な実験?のよう、カルデラのことがとてもよくわかります。

界 阿蘇 カルデラBAR


BARの上にはテラス、夕方になると火が灯ります。

界 阿蘇 キャンプファイヤー


日が暮れて。

界 阿蘇 キャンプファイヤー


夕食はテラスの隣にあるダイニングで。
火の国 熊本らしい演出で迎えてくれます。

界 阿蘇 ダイニング


地元の食材を使った和食、とても美味しく頂きました。

お腹いっぱいおいしいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かって、良く寝た翌朝。
少し早起きしてお散歩しながら本館のテラスへ向かいます。

界 阿蘇 朝のお散歩



界 阿蘇 朝のお散歩


こんな美しい朝の光の中、カルデラ体操に参加
ストレッチして朝の澄んだ空気を思いっきり吸って。
しっかりやると全身の筋肉がほどよく伸びて、スッキリ

もう一つ嬉しいのが15:30〜17:30に本館で頂ける「トマトかき氷」。
阿蘇はトマトの産地として有名。

界 阿蘇 トマトかき氷


え?トマトのかき氷?
って最初は思ったけれど、とってもとってもおいしい
トマトシロップやドライトマト?シロップ煮?は甘くて、でも生のトマトも添えてあって酸味もほどよくあって。
熱い中観光して帰ってきて出迎えてくれるこのかき氷、体中に染みわたって本当に幸せ

朝は小鳥の鳴き声で目覚め、夕方になるとヒグラシの声が加わって。
美味しいお食事が頂けて、のんびりと自然を満喫できる、おすすめのお宿です。
ひとつだけ
自然豊かな場所にあって自然を満喫するお宿なので、特に夏に行かれる方は虫さん達と仲良くなること必須。
気付かぬうちに混浴していた、なんてことはしょっちゅうなので、びっくりしないように。
私も最初は心臓飛び出るくらいびっくりしましたが、毎回なのでそのうち慣れました(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


阿蘇の旅 〜緑に癒される〜

2018/08/03 09:26
阿蘇の旅の続き。

『九重 夢 大吊橋』。



標高777mに架かる高さ173m、歩行者専用吊り橋として日本一高い吊り橋なのだそう。



くじゅう連山をはじめ見渡す限り、緑、みどり、ミドリ!



山の中で周りに何もないので、空の上を歩いているみたいな感覚に。



少し行ったところで係員のおじいちゃんに遭遇。
半分くらい来たかと思って尋ねたら、「まだ6分の1くらい」との答え。
足元や背中がざわざわして、高所恐怖症になっちゃったかな?と思うくらい怖いのです。。。
引き返したい気分なのだけれど、ムスメが端まで歩きたいというので付き合うことに。
半分まで来ると谷底を覗き込めるスリルスポットが出現。
こんなのいらないよぉおおおと心で叫びながら、下を見ず、ただただ前だけを見つめて歩き、何とか390m渡り切った!
そして来た道をまた勇気をふり絞って引き返さねば
景色を楽しむ余裕なく戻ってきました(笑)

入場するとすぐに写真を撮られ(観光地によくありがちなアレ)、帰りに通行証としてもらえます。
あら、無料だなんてちょっと親切。
小さいけれど、顔はわかります。
もちろん1100円で引き延ばした写真も買えます。



次の癒しは『大観峰』。

駐車場から歩いて5〜10分くらい。



360°大絶景が見渡せるポイントに到着!



もちろんこの酷暑で気温は高いし日差しは強いのだけれど、とても気持ちいい風が。



スケールの大きさに圧倒されていると、上から歓声?叫び声?が。



パラグライダーが気持ちよさそうに飛んでます〜



若かったら迷わず飛んでるんだけれどな。
年齢重ねちゃうと怖くてできなくなっちゃったな、残念ながら。
昔ニュージーランドでインストラクターと飛んだことがあって、景色はもちろん、自分の影が山に映る感動を今でもはっきり覚えてます。
こちらでは飛ばなくても十分絶景を満足できますが、実際飛んだら本当に気持ちよさそう〜ご興味ある方はぜひ。



それから大観峰近くにある『国造神社』。



こちらは金運上昇のパワースポットらしく、古くて由緒ある神社。
ちょうど夏祭りで人は多めだったけれど、ひっそりとした佇まいで厳かな雰囲気が漂っています。



平成3年の台風で倒れて一部分が残された「手野の大杉」。



こちらはその根っこ。



とてつもなく大きいなと思ったら、なんと推定樹齢2000年だそう!
倒れてしまう前にぜひ拝見したかった、残念。
でも残された杉からも充分パワーが伝わってきました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


阿蘇の旅 〜水に癒される〜

2018/08/02 20:35
夏休み。
熊本県の阿蘇&大分県の別府へ。
のんびり温泉につかって、大自然のパワーを感じて、美味しいものを食べよう!と予約したのだけれど、その時は酷暑になるなんて思いもよらず。
当日はこんな暑いのに温泉か…とちょっとテンション低めでスタート。
でも阿蘇に着いたらそんなのはすぐに吹っ飛びました。
だって
もう色んなものに癒されましたから〜

まずは『鍋ケ滝』。
駐車場から階段を降りていくこと5分くらい。
目の前に涼やかな水のカーテンが

阿蘇 鍋ケ滝


滝の裏側は浸食されていて広い空間があり、滝の水越しに緑の木々が見られます。

阿蘇 鍋ケ滝 滝の裏


裏側を歩いて対岸まで。

阿蘇 鍋ケ滝 対岸


パンフレットによると
約9万年前の巨大噴火の火砕流が熱と圧力で固い岩を作り、岩盤に断層ができて滝が誕生。
その後長い年月をかけて岩盤下の柔らかい地層が水に削られて滝の裏側に広い空間ができたそう。
大自然のパワーを感じつつ、マイナスイオンをたっぷり吸収。
舗装された階段を降りた後、水辺まではわずかですが山道っぽいアップダウンあり、サンダルではなくスニーカーがおすすめです。

もう一つの水の癒し『池山水源』へ。

阿蘇 池山水源


こじんまりとしているのだけれど

阿蘇 池山水源


名水だけあって本当にキレイの一言。

阿蘇 池山水源


水が澄みきっていて、底が手に取るように見えるんです!
というか、実際に水がないのかと思うくらい。
この透明感ハンパないです!!

阿蘇 池山水源


2時間かけて汲みにくる方もいて。
そりゃあ、来られるなら私も汲みに来たいっ!
今回行かれなかったもう一つの湧水『白川水源』も近くにあるので、次回ぜひ訪れてみたいです。

水の美しさに感動し癒されました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


星の柄の…

2018/07/24 19:59
カルトナージュで作ったこちらは

カルトナージュ ティッシュボックスカバーを開いたところ


ティッシュボックスをのせて

カルトナージュ ティッシュボックスカバー


くるんで…

カルトナージュ ティッシュボックスカバー


くるんで…使うティッシュボックスカバー。

カルトナージュ 星柄のティッシュボックスカバー


枕元に置いて使おうかな、と思い星柄に
白いティッシュを入れるのに、白ベースの生地なので、ケース内側の黄色を生かしてフチに見えるようなデザインに作ってみました。

異常な暑さ、寝苦しい夜が続いていますが、早く「ほどほどの暑さ」に戻ってほしいものです。
そしてぐっすり寝たいものです。。。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ドライヤーホルダーボックス

2018/07/11 14:10
長いこと使っていたドライヤーを買い換えました。
ちょっと迷ったけれど、ダイソンを購入。
ものすごい強風なので、髪の毛を乾かす時間が少し短縮されたような。
ちょっと洋服の袖口濡れちゃったから乾かそうというときには速さを実感します。
髪の毛で実感しないと意味ないのかな(笑)

買ったとき(昨年)にはこんな立派なケースまでついてきたのだけれど。
残念ながら、大きすぎて使えないのです。。。というか邪魔なのです

ダイソンのドライヤー ケース付き


今までは
ドライヤーはコンセントを抜いてコードを巻いて引き出しに収納。
でもこれがとても面倒。
洗面台の端に置きっぱなしにすると水で汚れるし。
なのでカルトナージュでドライヤーホルダーを作ってみました

ただのハコ。

カルトナージュ ドライヤーホルダーボックス


なんだけれど、これに

無印良品 フック


無印で買ったフックを合体させてこんな感じに。

カルトナージュ ドライヤーホルダーボックス


これを洗面台の引き出しにぶら下げると…

カルトナージュ ドライヤーホルダーボックス


ドライヤーがすっぽり収まる大きさにして外からは見えないので、空間的にはすっきり。
取り出すのも簡単。

カルトナージュ ドライヤーホルダーボックス


最初ただのハコにして、しばらく試し使いをしてみて気付いたんです。
深さのあるハコだから掃除が大変なんだ・・・。
そこで慌てて底に穴をあけて指先が入るように変更。

カルトナージュ ドライヤーホルダーボックスの内底


もう一つ後から気づいたこと。
ドライヤーは熱を持つから、その点からも底に穴があった方が安心。

ということで、ようやく快適なホルダーに仕上がりました
使うこと数か月。とても快適です〜



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽井沢のカフェ cafe aura

2018/07/05 20:34
軽井沢でのリフレッシュは続きます。
天空のカフェ『cafe aura(アウラ)』さんへ。

お店までも結構山道を上っていきますが、駐車場からお店までも更に結構な階段が続いてます。。。

軽井沢 cafe aura


予約はできないとのことなので、オープンする11:00少し前に到着。
平日にも関わらず、すでに10組弱の人がお店の前に並んでました。

軽井沢 cafe aura


先にオーダーしてから自分で好きな席に座るスタイルなので、お店が開いてもちょっと並んで待ちました。
でもね
それが苦にならないほど気持ちの良い景色が目の前に広がってる〜

軽井沢 cafe aura 店内席


席のタイプは3つ。
店内の他に、外にはパラソル席と

軽井沢 cafe aura パラソル席


そしてテラス席

軽井沢 cafe aura テラス席


私たちは外の澄んだ空気を吸いたくてテラス席へ。
山に向かって座るカウンター席も気持ちよさそうだったけれど、日の光が強すぎるので、ちょうどお店の陰になっている日陰の席に。


紅茶とクロワッサン、ドーナツ

軽井沢 cafe aura


山の緑と空の青を眺めながら、心地よい風に吹かれて、呼吸をするだけで本当に幸せ。
次は夜の星空を眺めに行きたい、とても素敵なカフェでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽井沢でリフレッシュ

2018/07/04 09:02
友人と軽井沢へ。
新幹線を降りてすぐに、駅前のレンタルサイクルショップへ直行。
お店のおじさんがとても親切でおすすめコースを地図に書いてくれて。
それを頼りにいざ出発!少し行くとすぐに林道。
空気も風も心地よいし、緑の中を自転車で走り抜けるのは本当に爽快で気持ちいい〜
日々のドロドロした疲れが一瞬にして浄化されるよう〜

軽井沢サイクリング ささやきの小径


多分どなたかのお宅だと思うのだけれど、この苔の感じも素敵。

軽井沢サイクリング


幾つか観光スポット巡り。
ちょっと曇っているけれど、池に映る緑が美しい「雲場池」。

軽井沢サイクリング 雲場池



お昼は池の近くのフレンチ「Primavera(プリマヴェーラ)」さんへ。
かわいらしいお部屋のオーベルジュ、レストランの利用だけでもOK。

ここで初めて出会った『五味子(ごみし)』。

軽井沢Primavera 五味子


漢方にも使われる果実だそうで、粒の大きさはブルーベリーくらい。
なんとスタッフの皆さんで山へ摂りにに行って漬けるのだそう。
それならぜひにと、食前酒(私はお酒が弱いのでノンアルコールに)にしていただきました。
ほんのりピンクの色合いがなんとも素敵。

軽井沢Primavera 五味子のカクテル


甘酸っぱいような苦いような…今まで試したことのない味でしたが私は好きな味でした。
グラスの底に沈んだ果実もおいしくいただきました。

お料理もどれもおいしくて上品、中でもコンソメスープはとてもおいしくて10杯、いや20杯は飲めそうだなと思ってしまいました。

軽井沢Primavera コンソメスープ


美味しいものを食べて元気になったところで、アウトレットでお買い物。
広いので、あっという間にエネルギーを使い果たしてへとへと。
軽井沢定番のミカド珈琲のモカソフトでエネルギー補給。
カップで頼むと横に添えられてくるプルーンが大好き
友人が調べてくれたら、どうやら瓶詰が売っているらしい!
知らなかった!!
早速購入、帰宅後はどうやったら同じ味にたどり着けるのか色々お試し中の今日この頃です。

軽井沢 ミカド珈琲 プルーン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


持ち運びに便利な書類ホルダー

2018/06/27 12:19
カルトナージュの良いところ。
好きな素材で好きな大きさで自分仕様に作れるところ。

カルトナージュの悪いところ。
水に弱いのと、持ち運ぶには重いところ。

そう、カルトナージュで使うカートンは重いのがちょっと。。。

カートンの代用として、プラスチック板を時々使うようになりました。
そのプラスチック板を使って作ったホルダー。
ブルーのリバティ生地を使って。

カルトナージュ 書類ホルダー


軽い仕上がりで、持ち運びにとても便利。
中は

カルトナージュ 書類ホルダー


ポケットの内側とふちは、表にも使ったリバティの布を。

カルトナージュ 書類ホルダーポケットのアップ


両サイドにつけたポケットに紙を挟むとこんな感じ。

カルトナージュ 書類ホルダーに紙を挟んで


書類を持ち運ぶときにはクリアホルダーが一般的だけれど、バックの中で他の荷物に押されて折れ気味になってしまって。
でもこれは固いので書類が折れなくていい感じ。
立ったままで書くこともできるし。
何より無機質なホルダーではなくかわいい柄布であるので、テンション上がります



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


リンゴの形の小箱

2018/06/15 21:03
かなりご無沙汰しちゃいました!久々のアップです♪

今日はカルトナージュで作ったリンゴの小箱をご紹介。

カルトナージュ リンゴの形の小箱


ちょっとカルトナージュっぽくない不思議な形。
一回やってみたかったんです。。。
丸箱のまわりに綿を着せて、リボンでくるんで…。
カルトナージュでは丸みのある形を表現するのが難しいのだけれど、こんな形もおもしろいかな〜と思って。

カルトナージュ リンゴの形の小箱


中にはフルーツのキャンディーとかグミとか入れようかな。

細々と続けてきたブログ、なんと11周年を迎えました〜
これからも
のんびりマイペースで参りますが、どうぞよろしくお願いいたします



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


iPhoneケース

2018/04/25 10:50
今年の春は寒暖差が激しくてちょっと大変。。。
もう少しのんびりと穏やかな春の陽ざしを楽しみたいのに。

今年のiPhoneケース春夏バージョン完成♪
留め具の部分に使ったリボンが余ったので、取っ手に使って小さなバッグ風。

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョン


春夏はお出かけが多いので長いチェーンで肩掛けも。

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョン


開くと

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョンを開いたところ


内側にはいつものようにカード入れも。
駅付近だったら、これだけ持っていけばOK。

カルトナージュ iPhoneケース&手帳カバー


手帳カバーとお揃いの塩ビ素材。
ボンドはいつも使っているもので十分にくっつきました。
角の擦り切れがどうなのかなぁと思うけれど、表面の汚れは簡単に拭き取れていい感じの素材。
携帯は結構汚れているらしいので、時々除菌シートでキレイにするのが良いらしいですよ。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


六角形の花器

2018/03/23 10:24
カルトナージュで作った六角形のハコ。
側面に窓。



外側は黒のオーストリッチのスキバルテックス、内側は薄いピンクのスキバルテックス。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ


花器に、と思って作りました。
この時期、やっぱり桜。
桜のような枝モノの花って、素人には飾るのがとても難しくって…。
でも
こんな窓のある花器だったら、窓にお花(ホンモノではないけれどね)を挿し込むだけで何となく格好がつくかなと思って。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコに桜を入れて


以前作ったディスプレー用トレーと合わせで飾るのもいいかな。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ トレーと合わせて


鏡に映る桜
水面に映る桜みたい。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ トレーと合わせて


お部屋の中で楽しみつつ…そろそろ本物の桜も楽しめそう。
天気予報によると今週末が見頃とのこと。
暖かくなりますように。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


4面フォトフレーム

2018/03/01 20:40
今日から3月。
「3月」と聞くと、卒業式を思い出して胸がキュンとしたり、新たな年度に向けて気が引き締まるような、そんな気持ちになります。

卒業写真に限らず、思い出の記念写真のためのフォトフレーム。
私は両親や親友へ写真を渡す時にカルトナージュでフォトフレームを作って、そこに写真を入れて贈っています。
特に両親には少し大きめのサイズにして。
今回は2Lサイズのタテ写真が4枚入る4面フォトフレームに仕上げました。

カルトナージュ 4面フォトフレームを立てて飾る


歳をとり面倒くさがりになってきた両親には、このまま立てて飾れるのもラクで良いようです。
フレームにはホコリよけのプラスチック板も挟んであります。

カルトナージュ 4面フォトフレームを広げたところ


左右を閉じて

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じていく


親指のあたりにマグネットを仕込んであるので

カルトナージュ 4面フォトフレーム マグネットの位置


最後もう一回閉じるときに、程よい閉じ感が残ります。

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じたところ


思う存分眺めてもらったら、棚の脇にでも差し込んでもらおう。
そうしないとリビングが写真だらけになって大変なのです。。。

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じて収納




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サークルカッター

2018/02/23 10:09
カルトナージュで丸箱を作る時に使うお道具のひとつ、サークルカッターをご紹介。
NT 円切りカッターC-3000GPを愛用しています。

カルトナージュのお道具 サークルカッター


直径3p〜26pの円がカット可能。
慣れればカルトナージュのカートンも簡単にカットできます。

カルトナージュのお道具 サークルカッターの内側


でもね、どうしてもセンターピンの穴があいてしまうんですよね。。。

カルトナージュのお道具 サークルカッターで切ったカートン


そこで
どうしても穴をあけたくない時に使うカッターはこちら。
NT 円切りカッターiC-1500P。

カルトナージュのお道具 サークルカッター


こちらは直径1.8〜17pの円がカット可能。
でも、薄いものをカットする用なんです。

カルトナージュのお道具 サークルカッターの内側


昨年のクリスマスのガーランドを作る時にも活躍しました。
写真はちょっと厚切りポテトチップスのような雰囲気になってますけど…クロス紙です(笑)

カルトナージュのお道具 サークルカッターで切ったクロス紙


どちらのカッターも一長一短。
それぞれの用途によって使い分けるのがいいのかな。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リングピローのためのボックス

2018/02/20 08:45
少し前のお話。
花嫁さんのお母さまから、お忙しい娘さんのためにとお願いされたボックス。リングピローのための純白のボックス。

カルトナージュ リングピローのためのボックス


お式の後もリングをいくつか収納できるボックスに、とのことだったので、中にリングを差し込む部分を作りました。
ボックスのふちに白いお花を挿し込むと華やかな印象に。

カルトナージュ リングピローのためのボックスの内側


リングピローのボックスを今までいくつか作らせて頂いていますが、ボックスの内側の色のご希望を伺うと、やはりサムシングブルーにちなんでブルーをご希望される方が多いです。
白×ブルーは花嫁さんの幸せを願う最高の組み合わせなんだと思います。

カルトナージュ リングピローのためのボックスにブルーの花を添えて


ふたの内側には新郎新婦のイニシャルを。
お母さまの想いをのせたボックスを作らせて頂けたこと、私も心から嬉しく思います。
新郎新婦の、そして送り出すご両親のお幸せを願って。。。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


iPhoneにファーを♪

2018/01/07 09:28
毎年、年初めにスケジュール帳やキーケースをカルトナージュで新しく作る時に、合わせてiPhoneケースも一緒に作っている私。
この冬はファーが流行っているので、ぜひともiPhoneケースにもファーを使いたいなぁと思い…

悩んだ末、ただただファーを着せることにしました。
ただ透明なケースにファーを貼って着せただけ。
工作?とうか、本当にただ貼っただけの仕上がりです。

手作り iPhoneケース×ファー


ファーにも色々な種類があって、向き不向きがあるよう。
切り口から永遠に糸くずが出てくるものもあるし、ふかふか感を求めすぎると「ケモノ感」満載の仕上がりになってしまうし。
そこは素材選びが重要なポイントになるのかな、と思います。

寒いこの季節
このふわふわした触感はとても心地よくて幸せな気持ちになります〜

手作り iPhoneケース×ファー




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


カルトナージュで作るキーケース

2018/01/05 09:26
新年を迎えカルトナージュでシステム手帳カバーを新しく作ったのに合わせて、キーケースもお揃い素材で。
飾りは何も付けずにシンプルな細長いハコ型。

カルトナージュ キーケース


鍵の大きさギリギリに作って、振り下ろすと中から鍵が出てくるように。
ちょうどチェーンの長さの分ケースから鍵が出てきて…使い終わってリングを引くと鍵が中に納まります

カルトナージュ キーケースからキーを出したところ


今年の身の回りグッズはこんな感じでスタートです!

カルトナージュ 今年のお揃いグッズ集合!




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

カルトナージュのある暮らし [plus@home]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる