アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
カルトナージュのある暮らし [plus@home]
ブログ紹介
zoom RSS

リンゴの形の小箱

2018/06/15 21:03
かなりご無沙汰しちゃいました!久々のアップです♪

今日はカルトナージュで作ったリンゴの小箱をご紹介。

カルトナージュ リンゴの形の小箱


ちょっとカルトナージュっぽくない不思議な形。
一回やってみたかったんです。。。
丸箱のまわりに綿を着せて、リボンでくるんで…。
カルトナージュでは丸みのある形を表現するのが難しいのだけれど、こんな形もおもしろいかな〜と思って。

カルトナージュ リンゴの形の小箱


中にはフルーツのキャンディーとかグミとか入れようかな。

細々と続けてきたブログ、なんと11周年を迎えました〜
これからも
のんびりマイペースで参りますが、どうぞよろしくお願いいたします
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


iPhoneケース

2018/04/25 10:50
今年の春は寒暖差が激しくてちょっと大変。。。
もう少しのんびりと穏やかな春の陽ざしを楽しみたいのに。

今年のiPhoneケース春夏バージョン完成♪
留め具の部分に使ったリボンが余ったので、取っ手に使って小さなバッグ風。

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョン


春夏はお出かけが多いので長いチェーンで肩掛けも。

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョン


開くと

カルトナージュ iPhoneケース2018春夏バージョンを開いたところ


内側にはいつものようにカード入れも。
駅付近だったら、これだけ持っていけばOK。

カルトナージュ iPhoneケース&手帳カバー


手帳カバーとお揃いの塩ビ素材。
ボンドはいつも使っているもので十分にくっつきました。
角の擦り切れがどうなのかなぁと思うけれど、表面の汚れは簡単に拭き取れていい感じの素材。
携帯は結構汚れているらしいので、時々除菌シートでキレイにするのが良いらしいですよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


六角形の花器

2018/03/23 10:24
カルトナージュで作った六角形のハコ。
側面に窓。



外側は黒のオーストリッチのスキバルテックス、内側は薄いピンクのスキバルテックス。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ


花器に、と思って作りました。
この時期、やっぱり桜。
桜のような枝モノの花って、素人には飾るのがとても難しくって…。
でも
こんな窓のある花器だったら、窓にお花(ホンモノではないけれどね)を挿し込むだけで何となく格好がつくかなと思って。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコに桜を入れて


以前作ったディスプレー用トレーと合わせで飾るのもいいかな。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ トレーと合わせて


鏡に映る桜
水面に映る桜みたい。

カルトナージュ 窓付きの六角形のハコ トレーと合わせて


お部屋の中で楽しみつつ…そろそろ本物の桜も楽しめそう。
天気予報によると今週末が見頃とのこと。
暖かくなりますように。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


4面フォトフレーム

2018/03/01 20:40
今日から3月。
「3月」と聞くと、卒業式を思い出して胸がキュンとしたり、新たな年度に向けて気が引き締まるような、そんな気持ちになります。

卒業写真に限らず、思い出の記念写真のためのフォトフレーム。
私は両親や親友へ写真を渡す時にカルトナージュでフォトフレームを作って、そこに写真を入れて贈っています。
特に両親には少し大きめのサイズにして。
今回は2Lサイズのタテ写真が4枚入る4面フォトフレームに仕上げました。

カルトナージュ 4面フォトフレームを立てて飾る


歳をとり面倒くさがりになってきた両親には、このまま立てて飾れるのもラクで良いようです。
フレームにはホコリよけのプラスチック板も挟んであります。

カルトナージュ 4面フォトフレームを広げたところ


左右を閉じて

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じていく


親指のあたりにマグネットを仕込んであるので

カルトナージュ 4面フォトフレーム マグネットの位置


最後もう一回閉じるときに、程よい閉じ感が残ります。

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じたところ


思う存分眺めてもらったら、棚の脇にでも差し込んでもらおう。
そうしないとリビングが写真だらけになって大変なのです。。。

カルトナージュ 4面フォトフレームを閉じて収納




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サークルカッター

2018/02/23 10:09
カルトナージュで丸箱を作る時に使うお道具のひとつ、サークルカッターをご紹介。
NT 円切りカッターC-3000GPを愛用しています。

カルトナージュのお道具 サークルカッター


直径3p〜26pの円がカット可能。
慣れればカルトナージュのカートンも簡単にカットできます。

カルトナージュのお道具 サークルカッターの内側


でもね、どうしてもセンターピンの穴があいてしまうんですよね。。。

カルトナージュのお道具 サークルカッターで切ったカートン


そこで
どうしても穴をあけたくない時に使うカッターはこちら。
NT 円切りカッターiC-1500P。

カルトナージュのお道具 サークルカッター


こちらは直径1.8〜17pの円がカット可能。
でも、薄いものをカットする用なんです。

カルトナージュのお道具 サークルカッターの内側


昨年のクリスマスのガーランドを作る時にも活躍しました。
写真はちょっと厚切りポテトチップスのような雰囲気になってますけど…クロス紙です(笑)

カルトナージュのお道具 サークルカッターで切ったクロス紙


どちらのカッターも一長一短。
それぞれの用途によって使い分けるのがいいのかな。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リングピローのためのボックス

2018/02/20 08:45
少し前のお話。
花嫁さんのお母さまから、お忙しい娘さんのためにとお願いされたボックス。リングピローのための純白のボックス。

カルトナージュ リングピローのためのボックス


お式の後もリングをいくつか収納できるボックスに、とのことだったので、中にリングを差し込む部分を作りました。
ボックスのふちに白いお花を挿し込むと華やかな印象に。

カルトナージュ リングピローのためのボックスの内側


リングピローのボックスを今までいくつか作らせて頂いていますが、ボックスの内側の色のご希望を伺うと、やはりサムシングブルーにちなんでブルーをご希望される方が多いです。
白×ブルーは花嫁さんの幸せを願う最高の組み合わせなんだと思います。

カルトナージュ リングピローのためのボックスにブルーの花を添えて


ふたの内側には新郎新婦のイニシャルを。
お母さまの想いをのせたボックスを作らせて頂けたこと、私も心から嬉しく思います。
新郎新婦の、そして送り出すご両親のお幸せを願って。。。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


iPhoneにファーを♪

2018/01/07 09:28
毎年、年初めにスケジュール帳やキーケースをカルトナージュで新しく作る時に、合わせてiPhoneケースも一緒に作っている私。
この冬はファーが流行っているので、ぜひともiPhoneケースにもファーを使いたいなぁと思い…

悩んだ末、ただただファーを着せることにしました。
ただ透明なケースにファーを貼って着せただけ。
工作?とうか、本当にただ貼っただけの仕上がりです。

手作り iPhoneケース×ファー


ファーにも色々な種類があって、向き不向きがあるよう。
切り口から永遠に糸くずが出てくるものもあるし、ふかふか感を求めすぎると「ケモノ感」満載の仕上がりになってしまうし。
そこは素材選びが重要なポイントになるのかな、と思います。

寒いこの季節
このふわふわした触感はとても心地よくて幸せな気持ちになります〜

手作り iPhoneケース×ファー




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


カルトナージュで作るキーケース

2018/01/05 09:26
新年を迎えカルトナージュでシステム手帳カバーを新しく作ったのに合わせて、キーケースもお揃い素材で。
飾りは何も付けずにシンプルな細長いハコ型。

カルトナージュ キーケース


鍵の大きさギリギリに作って、振り下ろすと中から鍵が出てくるように。
ちょうどチェーンの長さの分ケースから鍵が出てきて…使い終わってリングを引くと鍵が中に納まります

カルトナージュ キーケースからキーを出したところ


今年の身の回りグッズはこんな感じでスタートです!

カルトナージュ 今年のお揃いグッズ集合!




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018年スケジュール帳(システム手帳)カバー&パスケース

2018/01/04 10:45
あけましておめでとうございます
本年もカルトナージュを作りながら、家の中も片付いたら嬉しいな♪という思いで楽しんでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

年初めは恒例のカルトナージュで作ったスケジュール帳カバーをご紹介。
正確に言うと、「スケジュール帳」ではなく「システム手帳」カバーになるのかな。
昨年に引き続き、金具を使ってのシステム手帳に仕上げました。

カルトナージュ システム手帳カバー


今年はキャメル色のポリ塩化ビニル?ポリウレタン?(素材が何なのかはっきりわからず・・・)のような少しビニール素材っぽいものを使ってみました。
普通のスキバルテックスよりは厚みがあるけれど角の処理も問題なく、ボンドは普段カルトナージュで使っているもので普通にできました。
ベロア素材のリボンを合わせて。留め具にはサンダルのひっかけ金具を使ってみました。
角には角金具。

開くとこんな感じ。

カルトナージュ システム手帳カバーを開いたところ


今回のペン刺しはかなり以前に作ったことのある筒状のタイプ。

カルトナージュ システム手帳カバー ペン刺し


確か
筒を長くすると、もちろん、ペンは安定するのだけれど、書くときにちょっと邪魔だったような気が。
今回は邪魔にならないよう、でも差し込むときにほどよく安定するのはこれくらいかな〜と思う長さに作ってみました。

それから初めて外側にもポケットを付けてみました。
ちょっとしたものを差し込めて便利かな、と。

カルトナージュ システム手帳カバー 外ポケット


久しぶりに作るパスケースもお揃い素材で。



いつも年末に翌年のスケジュール帳を作りながら、どんな1年になるのだろうと思いながら作ります。
さてさて
今年もほっこり幸せになれることがありますように。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


☆メリークリスマス☆

2017/12/25 14:26
今日はクリスマスですね。
先週の寒さとはうってかわって暖かなクリスマス、少し肩の力が抜けてほっとします。

今年はカルトナージュで簡単なガーランドを作ってみました。
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

カルトナージュ クリスマスガーランド


今年一年ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋の高尾山へ行ってきました!

2017/12/04 15:26
先日、大人の遠足を楽しんできました
お天気に恵まれて、青い空が気持ちいい。
目指すは高尾山の山頂!

画像


混んでいた駅のトイレ。
改装工事したようで、以前よりもたくさん個室があって、きれいで、回転は早いのでgood
トイレを済ませたら登山道の入口へ。
11月中旬から12月上旬は紅葉の見頃らしく、平日にもかかわらずそこそこの混雑。
ケーブルカー乗り場には長蛇の列が。

画像


私たちは久々の遠足。
でもとりあえず自分達の足で山頂を目指そう!と決めていたので
それならば、と
迷わず舗装された1号路を行くことに。
1号路のスタートにも見事な

画像


いやぁ
やっぱり舗装されているとは言っても急な坂道はしんどい。。。

途中
金毘羅台展望台でひとやすみ。

画像


本当に真っ赤っか

画像


美しくて美しくて…
疲れも一瞬にして吹っ飛ぶ!
ような気はしましたが、実際はそんなに吹っ飛ぶこともなく、なまりきった体に鞭打って進みます。。。

ケーブルカー山頂駅を通り過ぎ、たこ杉、薬王院と進みます。
薬王院の辺りも美しい紅葉。

画像


次から次へと続く急な長い階段。
ああーーー本当に足が思うように動かず悲しくなる。。。
でも、なんとか山頂に到着!
懐かしい、この達・成・感!
なぜか隣にいた見知らぬおじさんも参加しての万歳三唱のあとは、ご褒美のおにぎり

画像


美しい景色を見ながら、達成感に包まれ、程よい疲れの中、食べるおにぎりは最高においしかったです。

そして1番のご褒美は
友人が持参してくれたコレ

画像


お水を入れて

画像


待つこと数分。
こんなにコンパクトなのにすぐにお湯がわいて感動!
温かいカフェオレで乾杯

画像


温かいものがお腹に入ると本当に幸せ感謝感謝
今度は本当に疲れが吹っ飛びました。

山頂からの景色も絶景。
ガスってるのか?靄がかかっているのか?
ちょっと幻想的な感じに、またまた感動!

画像


少し雲がかかっていますが、雪をまとった富士山も。

画像


帰りは吊り橋のある4号路で。
下山も急な坂道に泣かされながら、なんとか無事に戻ってきました。

自分よりお年を召した方達が沢山登られていて、ほんと、自分の体力の無さ日頃の運動不足を反省。
新宿駅から1時間弱でこんなに満喫できるのは本当に素晴らしいよね、と話しながら帰ってきました。

もちろん翌日は筋肉痛に(なぜか足よりもおしりがひどかった!)泣かされましたが、それよりも気持ち良さの方が上回り、とても良いリフレッシュになりました。
色々とやらねばならないことが山積していてブルーな気持ちが続いていたけれど、翌日からヤル気に火が付き、良いペースでこなせるように。
やっぱり
リフレッシュって大切なんだわぁ〜と実感した大人の遠足でした。
気分転換と運動不足解消に、皆様もぜひ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


iPhoneケース

2017/11/24 15:30
今までiPhoneのケースをいくつか作ってきました。
お友達にもいくつかプレゼント。
でも
ハードユーザーの友人には私が作ったケースはどうにも耐久性がいまひとつのよう。
何とか耐えられるものを作りたいと思ったのだけれど。
ごめんね〜もうこれが最後の手段だわぁ。

こんなのとか

カルトナージュ iPhoneケース


こんなのを作ってみました。

カルトナージュ iPhoneケース


今回は「お顔の部分にお化粧した」だけのシンプルスタイル。
透明なケースの表にお気に入りの素材を貼っただけです!
正直「ケースを作った」と言って良いのか疑問ですが。

カルトナージュ iPhoneケースを横から見たところ


使いこんでいくと
手帳のように見開きにできるタイプは、表紙のつなぎ目の部分が擦り切れてくるし
スマホの周りを囲うようなタイプは、角が擦り切れてくるし
長く使う、というのはなかなか難しい問題です。。。

ケースは使う人の使い勝手によるから、やっぱり自分なりに考えて作るのが1番いいのかな、なーんて思います。
私としては使い込んで古くなったら次を作る、と色々作れる方が楽しくていいんだけれど、ね♪



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


収納家具に合わせた引き出し

2017/10/27 14:47
食器類を入れている収納家具に合わせて、カルトナージュでカトラリー用の引き出しを作りました。

今までは
同じくカルトナージュで作った3段の引き出しを使っていたのですが…

ここに入れたいカトラリーの数が増えてしまったり、
取っ手部分に使っていたテグスが切れてしまったり、
引き出し全体が歪んできてしまったので、
良い機会と思って作り直しました。
これまで使っていた引き出しは、ブログの日付からすると8年も使っていたみたい…びっくり!

今回は
カトラリー類を入れるハコと小物類を入れる引き出しとを分けて2個セットでの収納ケースに仕上げることに。

カトラリー類を入れる方は、これまでの「ヨコ収納」から「タテ収納」に。
といってもただ小さな仕切りをつけただけなんだけれど。

カルトナージュ カトラリー用引き出し


引き出しやすいように取っ手もタテに。
ハコは前の部分だけ高く。

カルトナージュ カトラリー用引き出し


限られた収納スペースに入れるには、カトラリーを斜めにしないと入らない。。。
どうかな〜と迷いつつ作りましたが、仕上がって実際にカトラリーを入れてみると

カルトナージュ カトラリー用引き出し


取り出しやすくて、なかなかいい感じ
一番奥の余ったスペースにはコースターなど。

カルトナージュ カトラリー用引き出し


引き出しは2段に。
ランチョンマットやペーパーナプキンなど軽いものを収納。

収納家具の奥行が50pなので、引き出しの奥行も46pと大きなサイズ。
ロングブーツが入るくらい大きいので(例えが悪いけど他に思い当たらず。。。)、た〜っぷり入ります。

全体的にスキバルテックスを使って作りましたが、引き出しの全面だけ模様の入った壁紙を使いました。
厚地でしっかりとしているので、丈夫だし、作りやすいし、スキバルテックスとは違って柄が楽しめるのがいい
しかも柄合わせが布よりも簡単なのも嬉しいポイント

カルトナージュ カトラリー用引き出しの正面アップ


カルトナージュ カトラリー用引き出し


忙しくなる年末前に片付いてすっきりしました〜

カルトナージュ カトラリー用引き出しを収納家具に納めて




plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お裁縫箱

2017/10/05 12:42
久しぶりにカルトナージュ作品のご紹介です。

少し大きめのお裁縫箱。



使ったのはこちらの布。
作っている途中で、写真に撮っておけば良かった!と慌てて撮りました。
なので思いっきり「虫食い」ですが、最初はこんな感じの布でした。

カルトナージュ お裁縫箱のための布


お裁縫箱を作ろうとだいぶ前に気に入って購入したものの、長い間放置。
なぜかというと
布の柄の大きさと、自分が使いたいお裁縫箱のカタチとで、どうやって使うのがいいか悩んで…結局、使い勝手を優先したこのカタチになりました。
かなり悩んだわりには、普通の感じに仕上がりました(笑)。

横は(私はこの柄が一番好き)

カルトナージュ お裁縫箱のサイド


背中

カルトナージュ お裁縫箱の背中


で最後に

カルトナージュ お裁縫箱のサイド


引き出しの中

カルトナージュ お裁縫箱の引き出し


これまで使ってきた市販のお裁縫箱には仕切りが無くて、すぐに細かいものがごちゃまぜに。
それがとても嫌で、引き出しを3つと2つに仕切りました。
高さを少し控えた仕切りに。

1番上の段のふた内にはこの柄。

カルトナージュ お裁縫箱のふた内


布には糸巻きが6個あったのだけれど、思い切って2つ捨てました。
柄のどこを使ってどこを捨てるか決めるのは勇気がいるし難しいなぁ〜と改めて思いました。

カルトナージュ お裁縫箱の上の段


左側には洋服を購入した時に付いてくる予備のボタンや布をまとめて収納。
今までは別のハコを用意して入れていたのですが、今回少し大きめのお裁縫箱なので、思い切ってここにお引越し。個人別に、あとフォーマルとか用途別に袋を分けて入れてみました。

右側にはプチパニエ。

カルトナージュ お裁縫箱の中に入れるプチパニエ


ここに一番良く使う
糸、針、ハサミ、ボタンやホックなどを入れて。

カルトナージュ お裁縫箱用プチパニエ


針山も余った布で。

カルトナージュ お裁縫箱の針山


これまで糸付けの針とマチ針と同じ針山にに刺していて使いづらいと感じていたので、針山を2つ作って分けました。
プチパニエのサイズに合わせて作り、入れた時に糸とハサミのしきりになるように。

カルトナージュ お裁縫箱用プチパニエ


お裁縫箱の正面に思いっきり「Dress making」とか書かれてますけど、私、実は、お裁縫がそんなに得意ではないんです。。。
だからお裁縫箱が登場するのはボタンが取れた時とか、そんな時くらいなんです。。。

今回大きめのお裁縫箱だし、いちいち持ち歩くのが面倒なので、ボタン付けの時などはこのプチパニエだけを持っていけばOK、というスタイルにしてみました。

お裁縫箱が持ち出されるのはこの先もあまり機会が無いような気が。
クローゼットの棚の中で美しく鎮座していてもらうとするかな。



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


北海道旅行の最終日は札幌

2017/08/11 20:52
北海道旅行の最終日。
JRタワーホテル日航での朝食は和洋ビュッフェへ。見晴らしがとてもいいっ!
快晴。今日は別にお天気良くなくてもいいのに…悲しいくらい良い天気。

札幌 JRタワーホテル日航 レストランからの眺め


朝食は
目の前でシェフがオムレツを作ってくれるし、北海道らしいものが沢山、イクラやイカそうめん、チーズ、ポテトコロッケ、北海道産の小麦粉を使った自家製パンなどなど…どれもおいしかったです。

チェックアウト後は学生時代の友人のお宅へ。
久しぶりの再会、しかも子供たちを交えて会うのは初めてで、楽しいひと時。
用意していてくれた六花亭の「大地の滴」、美味しく頂きました。
生のブルーベリーをホワイトチョコでコーティングしたお菓子、かなりレアだそう。
消費期限が短いのが残念なんだけれど、と友達。
ああー写真撮るの忘れた…

その後は「白い恋人パーク」へ。
大混雑で、まさかの第3駐車場にビックリ。
洞爺湖も、積丹のウニ丼も、外国の方が多いなぁと思っていたけれど、ここは更に大人気。

工場見学

白い恋人パーク 工場見学


そして
キャンディーラボで職人さんのキャンディー作りを間近で。
飴をのばしてはフックにかけ、のばしてはかけてを繰り返すと、透明だった飴が白っぽく変化。
職人さん曰く、ここ、見せ場らしいです。

白い恋人パーク キャンディラボ


こんなに太いのが

白い恋人パーク キャンディラボ


どんどん細くのばされて、野球のバットみたい?

白い恋人パーク キャンディラボ


機械を通すと筋がつけられて出てきて

白い恋人パーク キャンディラボ


扇風機で冷やしながら上から落とすと、ぱりんっ。
長いひも状だった飴が、一気に一粒の大きさに割れるんです!
初めて見て…なんだか感動

白い恋人パーク キャンディラボ


子供たちに交じって、じっくりと見入ってしまいました。
出来立ての飴、美味しかった〜

レンタカーを返却して、空港へ。
やっぱり最後もラーメン道場のラーメンで〆。
今回は「雪あかり」さんへ。



美味しく頂きました。
「えびそば一幻」さんは、行きも帰りも長蛇の列で断念。いつか食べたいな。
食後はお土産を一気に購入。
帰りの飛行機は21:00発。
空港のお土産屋さんって遅くまであいているものだと勝手に思っていたけれど、20:00過ぎからどんどん閉店。
もう少しでお土産買い損ねるところだった、危ない危ない。。。

オットは友達に教えてもらった4階の温泉へ。のんきなものだ。

台風のせいか、私たちの便以外にも、機材到着の遅れで1時間程遅れている便がたくさん。
結局、私たちは25分遅れで離陸。
うとうとしながら羽田上空まで来て「着陸態勢に入りました」のアナウンスの後、なぜかグンと機体が上がる感じ。

すると「羽田上空が悪天候のため、再度上昇します」とのアナウンス。
えええーっ
以前の北海道スキーの悪夢がよみがえる。。。
羽田を出て新千歳まで行ったのに、大雪で着陸できず、しばらく旋回、その後羽田に引き返したあの悪夢が再びか
心配したのもつかの間、しばらくして着陸態勢へ。
なんとか無事に着陸できました。
良かった、家に帰れる

家に着いたのは23:50頃。
なんとかその日のうちに帰宅できましたが、もうへとへと。

お天気に恵まれませんでしたが、見放されはせず、そこそこ楽しめた4日間。
洞爺湖、秋の方が雲がとれやすいって、鉄板焼きのシェフが言っていました。
絶景を見たい方、ぜひ秋に行ってみてください。
私は自信を持って夏の積丹のうに丼をおススメします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北海道で夏休み 洞爺湖〜積丹〜札幌 

2017/08/10 11:28
北海道3日目。
もう晴れ間は期待せずカーテンをあける3日目の朝。
ほらね、やっぱり曇り空。
スカッと晴れてほしかったけれど、台風近づいているから仕方ない、あきらめよう。
さようなら〜ウインザーホテル、ありがとう〜洞爺湖、とてもゆったりできるホテルでした。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ ロビー


12時チェックアウトですが、少し早めの11時出発。
ここから積丹(シャコタンと読みます、念のため)を目指してドライブ開始。

車の中から新しい発見。
北海道は雪が多いから信号が縦型なのは知っていたけれど、車線の印も、赤い矢印でドライバーの目線にあるのね。
(普通は道路に白線で書かれているけれど、冬は見えなくなるからだね。)
当たり前だけれど、何本も何本もずーっとある。
メンテナンス大変だろうな。。。

北海道 洞爺湖から積丹へドライブ


なんてことを思いながら、ふと気づくと、高速でもないのに1時間一度も車は止まることなく走っている。
やっぱりすごいな、北海道。
しばらくすると海岸線へ出ます。
曇りがちだけれど、景色も良くて、潮風が気持ちいい。

北海道 洞爺湖から積丹へドライブ


途中車を止めて休憩しながら、2時間半のドライブ。
目的地の食堂「みさき」へ到着。

北海道 積丹 みさき


今の季節は、そう、ウニの季節です〜
漁師さん直営のこちらは、おいしいうに丼が頂けると有名。

お昼を少し過ぎているのに駐車場はいっぱい。
中に入ると名前を書く用紙が。
15組目くらいで倒れそうになりましたが、お店の人に聞くと「そんなに待たないよ。」とのこと。
その言葉通り、15分くらいで名前が呼ばれ、おすすめのウニ丼を注文。

北海道 積丹 みさきのウニ丼


本当においしい今までで1番おいしい
実は注文するときに、ご飯の上に全部ウニはきついかな、いくらとカニの3色丼にしようかなと思ったけれど、ウニ丼で大正解。
器の大きさが15pくらいの程よい大きさなので、10分くらいで食べてしまった…。
もう一つ食べたいくらい。
混んでいるので追加注文はできないと張り紙が。残念。
3人で4つ注文すればよかったな、と後ろ髪をひかれつつ「積丹岬」へ。

北海道 積丹 積丹岬


こちらが入り口。トンネルを抜けると

北海道 積丹 積丹岬


目の前に絶景が広がっています

北海道 積丹 積丹岬


この時期、「積丹ブルー」と言って海の青さがとても美しいと有名。
曇り空なので、美しいブルーはそこそこなだったけれど、それでもやっぱり綺麗なブルーに感動。
階段を下りていくと波打ち際まで行かれます。

北海道 積丹 積丹岬


が、私たちは先を急ぐので上から眺めて車へ戻る。
美味しいウニも食べられたし、美しい積丹ブルーも見れたし、積丹来てよかったと幸せな気持ちで今度は札幌目指してドライブ再開。
途中のフルーツ街道にある「ベリーベリーファームレストラン」に立ち寄り、旬のベリーが沢山のったベリーベリーパフェを。フレッシュなベリーがおいしかったです。
ブルーベリー狩りもできるそうです。

北海道 フルーツ街道 ベリーベリーパフェ


が、私たちは先を急ぐので車に戻って再びドライブ。
海岸線のドライブは本当に気持ちがいいね〜。

北海道 積丹から札幌ヘドライブ



途中小樽も通り、車から窓の外を眺めて雰囲気だけ堪能。
人が多くて賑わってました。

北海道 小樽


積丹から札幌まではおよそ2時間。
無事に札幌のJRタワーホテル日航に到着。
ああーーー、1日中ドライブで3人とも腰とおしりが痛い。。。
予定では
藻岩山ロープウェイに乗り札幌の夜景を楽しむはずだったけれど、疲れてしまって断念、ホテルのスパでゆっくり疲れをとることに。
オットは気に入り「今度出張の時に使おうかな」なんて言っていたけれど、私は消毒臭くて苦手でした。
ジャグジーは気持ちよかったけれどね。
明日は最終日。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


洞爺湖 2日目

2017/08/09 09:09
天気予報では「曇り時々晴れ」だけれど
思いっきり風が吹いちゃって、雲がどっかいっちゃって、晴れちゃってたりしてと淡い期待をしつつカーテンを開けて2日目スタート。
やっぱり雲が
最近の天気予報、当たるよね。

午前は再び洞爺湖へ。
昨夜は花火のためだけだったし、暗くて周りはよく見えなかったから、今日は純粋に湖観光。
ホテルから車で船着き場を目指して下っていき、途中、湖畔沿いの公園でお散歩したり写真撮ったりしてのんびりと。
そのあと船着き場へ。
観光船が30分ごとに出ているのでそれに乗ろうと思っていたのだけれど、たまたま見つけたモーターボート乗り場。
観光船が出ちゃったばかりだし…モーターボートはスピードが出て楽しそうだし…乗ってみることに。
写真の右の黄色いボートね。

洞爺湖 モーターボート


コースが色々あり、私たちは「中島〜まんじゅ島巡り」に決定。
どれがいいのかさっぱりわからなかったけれど、まあ無難なコースに。

3人で乗り込んでいざ出発!
これが想像以上に気持ちいい
風がビュンビュン吹いて、髪の毛はあっという間にぐちゃぐちゃだけれど、とにかく気持ちいい
波しぶきがすぐ真横ですごいことになっているのに全然濡れなくて、ひんやりとした風だけがくるから気持ちいのかな。

洞爺湖 ボートからの眺め


いつの間にかカモメもついてくる。

洞爺湖 ボートからの眺め


昨夜、花火を見るときに乗った観光船。
かなり趣のある感じだったのね。。。

洞爺湖 観光船


10分弱で中島に到着。
島が近づいてくると見えてきた、たくさんのカモメと白い大きな鳥。
ん?白鳥?
知らないうちに声に出していたようで、操縦していたおじさんが「コブハクチョウだよ。」と教えてくれた。
いつもいるんだって。
30分後に迎えに来てくれるボートのおじさんと別れて、すぐに白鳥のもとへ。
向かう途中、桟橋で餌を発見。100円のガチャガチャ。

洞爺湖 中島の白鳥


餌を手に白鳥&カモメのもとへ。
めちゃくちゃ近い、1メートルくらいの至近距離。
白鳥って大きいのね。

洞爺湖 中島の白鳥


白鳥に餌をあげたいけれど、どうやってあげたらいいのかわからない。
手であげたらパクリとされそうだし。でもあげたい。
オロオロしていたら、案の定、何度も攻撃されそうになって逃げ腰に。
カモメは泳いでいる前に投げてやると上手に食べてくれました。
結局白鳥には食べてもらえず終了。
トイレから戻ってきたオットが
「白鳥に近づかないでって看板に書いてあるよ。」
「え?どこ?」
「そこらじゅうに、たくさん書いてある。」

洞爺湖 中島の白鳥


ほんとだ。
白鳥目指して一目散だったから、全く目に入らなかった。

やっぱり
陸で近くにいるより、泳いでいるお姿のほうが白鳥らしくて素敵。

洞爺湖 中島の白鳥


あっという間に30分が過ぎて、お迎えのボートが。
またビュンビュン飛ばして戻ります。
さようなら〜中島、さようなら〜白鳥さんとカモメさん。

洞爺湖 ボートから見た中島


車でホテルに戻る途中、「ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」でランチ。
美味しいと評判のお店。
ホテルからサミットキャビンに乗って降りてくるとこの左横に着くのね、きっと。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ


やっぱりマルゲリータのピッツァは必須。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ


香ばしくておいしかったけれど、なんとなく塩が足りないかな。
他に注文したサラダやカプレーゼはややしょっぱめ。
でもスープはとてもおいしかったです。
こちらのお店はホテルの建物内にはないけれど、ウインザーのレストランなので、お値段もホテル価格でそれなりに、です。
ホテルからは10分くらいかな、シャトルバスも出ています。

ホテルに戻った後は、カート遊覧などしたかったけれど、やはりホテルは雲の中。
湖周辺は曇りでも晴れ間があったりするのに、ホテルのあるポモロイ山6合目7合目あたりまで来ると、だんだんと雲が厚くなり、ホテルに着く頃にはすっぽり覆われてしまうのよね、残念ながら。
ということでプールへ。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ プール


ビート板や浮き輪などもあって、自由に使えます。
奥にはジャグジー、サウナも。
屋内プールだけれど長時間入っていると体が冷えるので、2回ほどジャグジーで温まってはプールに戻るを繰り返しました。

プールの後は温泉へ。
同じフロア、しかもバスローブを羽織って行かれるのでらくちん。
露天風呂のあるお風呂と、内風呂のみのお風呂とが、男女日替わりです。
今日は露天風呂のほうが女風呂。やった!
露天風呂は目の前が草原?のような素朴な雰囲気のお風呂で、草の匂いがしてリラックスできました。
温泉へはお部屋からバスローブで行き来OKなので、気軽に行かれていいなと思います。

夕食は鉄板焼きの「アウトオブアフリカ」。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


私が感動的においしかったのはタラバガニ。
火の通り具合が絶妙でした

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


お肉も

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


あまりに火が凄すぎて、もうシェフが全く見えませんっ!

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


帰りに娘と私にバラの花。
女性へのプレゼントなんだそう。
このお店、映画「アウトオブアフリカ」がコンセプトになっているそうで、映画の最後のシーンにちなんで、とのこと。
今度、観てみなきゃ。粋なはからいに

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


ウインザー最後の夜。
大きなガラスにロビーの灯りが映って綺麗。

夜のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ ロビー


外はやっぱり霧の中。
幻想的だけれどね。セーター羽織っても寒い。
いよいよ明日は洞爺湖とお別れ。お天気どうかなぁ。。。

夜のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏休み 北海道洞爺湖へ

2017/08/08 10:20
今年の夏、北海道へ行ってきました!
本当は「絶景を楽しむ」はずでしたが、残念ながら快晴とはならず…それでもそこそこ楽しんできました

11時すぎに新千歳空港へ。
お昼は空港の3階ラーメン道場、「らーめん 空」で焼きとうきびらーめん。
スープは私には濃厚すぎたけれど、焼きとうきびが香ばしくておいしかったです。

新千歳空港ラーメン道場 空 


レンタカーの手続きをして、いざ洞爺湖へ向けて出発!
高速に乗るまであまり距離がないので、空港でお昼を済ませておいて正解。
高速手前で何か食べられそうなお店は発見できませんでした。。。

途中、こんなかわいいトンネルを通ったり

洞爺湖へのドライブ


北海道らしく山盛りのじゃがいもを積んだトラックを見かけたり

洞爺湖へのドライブ


1時間45分ほどでザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパへ到着。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ


ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ


チェックインしてお部屋へ。
こちらのホテル、レイクビューとオーシャンビューのどちらかを選ぶのですが、せっかくなのでここはレイクビュー。
晴れていれば絶景のはず、が…雲がかかっていて残念。
湖の中に浮かぶ中島が何とか見えます。。。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 部屋からの眺め


バスルームからも見える

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 部屋からの眺め


ホテルの周りを少し散策。
ロビーを抜けた奥に、外に出られる出入り口が。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ


外に出て右の方へ進んでいくと

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 散策


ポロモイ山頂(やっぱり曇り空で眺めが残念)や

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ ポモロイ山頂


サミットキャビン。
土日祝日とお盆の頃の夏休みのみ運行しているそう。お盆には少し早かったので乗れず。
キャビンに乗れば、有名なピッツェリアの目の前まで行かれるみたい。(後日ピッツェリアに行った時にキャビンの乗り場を発見)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ サミットキャビン


来た道を戻ってロビーの前を通り左の方へ進んでいくと、2008年洞爺湖サミットの記念植樹があり

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ サミット記念植樹


その奥はG8が記念撮影したウッドデッキに出ます。
デッキからの眺め。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ サミットウッドデッキ


ひととおり散策して部屋へ戻るとこの通り。
たった5分くらいの間にこんな変わりようでびっくり

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 部屋からの眺め


もう霧の中、雲の中、真っ白で何も見えませんっ 
落胆して窓の外を眺めていると、すうーっと雲が流れていき

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 部屋からの眺め


また中島が姿を現す。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 部屋からの眺め


ホテルの方に伺ったら、雲の動きは変わりやすいみたい。
おもしろいくらい窓の外の景色が変わるので、ずっと見ていても全然飽きません。
霧がかかっている風景もなかなか神秘的でいいよ、と自分に言い聞かせる。

この日は17:30から「鮨処 祥庵 こげ津」で夕食。
ウニやいくらが出てくるのはもちろんですが、八角や松皮鰈など初めてお目にかかるお魚も。
海苔がおいしいなと思ったら、青のりが混ざった「こんとび」という海苔を使っているそう。

夕食後は19:30にロビー集合、洞爺湖の花火鑑賞船ツアーへ。
ホテルのマイクロバスで船の乗り場まで送迎してくれます。
洞爺湖まで片道25分くらい。
観光船に乗って、打ち上げ船と並走しながら花火を鑑賞できます。

洞爺湖の花火鑑賞船


大きな花火大会のような華やかさはないけれど、途中と最後にはそこそこ見せ場もあって、潮風に吹かれながらの花火は良かったです。
4月末から10月末までの毎日(毎日だよ!)、花火が打ち上げられるというからスゴイ

ポイントは
船に乗ったら右側に陣取りましょう。打ち上げ船が観光船の右側を並走するので。(出向前にアナウンスもあります。花火が上がるときはライトが消えるので、ライトの前に陣取ってしまっても大丈夫。)
もともと洞爺湖は気温が低いけれど、船上は更に風が加わって体感温度が下がり肌寒いので長袖は必須です。
行かれる方はご参考まで。

そんなこんなであっというまに初日終了。
明日は少しでも雲がとれますように、と祈りながらベッドへ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペン立て…早速変更!

2017/07/12 09:21
先日作ったペン立て。
早速変更!

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て


下の消しゴムやポストイットを入れる部分。
最初
ペンを入れる部分と同じ大きささにして2つにわけて作りました。
見た目がすっきりするのと、左右どちらからでも閉じられるのでいいかなぁと。
でも…
取り出しずらい!
私はペン立てを低い位置に置いていて、上から取り出すことが多いので、特に。

こっちよりも

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て


こっちの方がいい!

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て


閉じるときは、必ず左から閉じないといけなくなってしまったんだけれど。

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て


今まで日常茶飯事だった「消しゴム、どこいっちゃったっけ???」がなくなって使いやすいです♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペン立て

2017/07/04 18:36
カルトナージュで作ったシンプルなハコ。



中は

カルトナージュ 白いハコを開けたところ


ペン立て。

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て


最近テレビでよく紹介されているナカバヤシのライフスタイルツールボックス。
最初に見た時から、ひとめぼれ。
すっきり収納できて生活感を隠せる良いアイテムだなぁと。
私と同じく気に入った人は多いようで、人気商品みたいです。

自分仕様に作ってみたら、こんな感じに仕上がりました♪

ペンを出すときには、ふたを開けて。

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て 使い方


ハコを開くと…ペン類の下の方にはポストイット。

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て 使い方


シャーペン類の下には消しゴム。

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て 使い方


そして私に必須なのは
カルトナージュをするときに使う最小限のお道具類をまとめたペン立て部分。
作業台へ移動できるように、マグネットで取り外しOK!

カルトナージュ ライフスタイルツールボックス風ペン立て 取り外し


文房具類をまとめて入れてある引き出しは別にあるけれど、普段ちょっとした時に使うものはすぐに取り出せるように机やチェストの上に置いてあると便利。
リビングに置いてもすっきりしていて、いい感じです



plus@homeのHP カルトナージュのある暮らしはコチラ

カルトナージュのある暮らし|plus@home

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

カルトナージュのある暮らし [plus@home]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる