カルトナージュのある暮らし [plus@home]

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞爺湖 2日目

<<   作成日時 : 2017/08/09 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天気予報では「曇り時々晴れ」だけれど
思いっきり風が吹いちゃって、雲がどっかいっちゃって、晴れちゃってたりしてと淡い期待をしつつカーテンを開けて2日目スタート。
やっぱり雲が
最近の天気予報、当たるよね。

午前は再び洞爺湖へ。
昨夜は花火のためだけだったし、暗くて周りはよく見えなかったから、今日は純粋に湖観光。
ホテルから車で船着き場を目指して下っていき、途中、湖畔沿いの公園でお散歩したり写真撮ったりしてのんびりと。
そのあと船着き場へ。
観光船が30分ごとに出ているのでそれに乗ろうと思っていたのだけれど、たまたま見つけたモーターボート乗り場。
観光船が出ちゃったばかりだし…モーターボートはスピードが出て楽しそうだし…乗ってみることに。
写真の右の黄色いボートね。

洞爺湖 モーターボート


コースが色々あり、私たちは「中島〜まんじゅ島巡り」に決定。
どれがいいのかさっぱりわからなかったけれど、まあ無難なコースに。

3人で乗り込んでいざ出発!
これが想像以上に気持ちいい
風がビュンビュン吹いて、髪の毛はあっという間にぐちゃぐちゃだけれど、とにかく気持ちいい
波しぶきがすぐ真横ですごいことになっているのに全然濡れなくて、ひんやりとした風だけがくるから気持ちいのかな。

洞爺湖 ボートからの眺め


いつの間にかカモメもついてくる。

洞爺湖 ボートからの眺め


昨夜、花火を見るときに乗った観光船。
かなり趣のある感じだったのね。。。

洞爺湖 観光船


10分弱で中島に到着。
島が近づいてくると見えてきた、たくさんのカモメと白い大きな鳥。
ん?白鳥?
知らないうちに声に出していたようで、操縦していたおじさんが「コブハクチョウだよ。」と教えてくれた。
いつもいるんだって。
30分後に迎えに来てくれるボートのおじさんと別れて、すぐに白鳥のもとへ。
向かう途中、桟橋で餌を発見。100円のガチャガチャ。

洞爺湖 中島の白鳥


餌を手に白鳥&カモメのもとへ。
めちゃくちゃ近い、1メートルくらいの至近距離。
白鳥って大きいのね。

洞爺湖 中島の白鳥


白鳥に餌をあげたいけれど、どうやってあげたらいいのかわからない。
手であげたらパクリとされそうだし。でもあげたい。
オロオロしていたら、案の定、何度も攻撃されそうになって逃げ腰に。
カモメは泳いでいる前に投げてやると上手に食べてくれました。
結局白鳥には食べてもらえず終了。
トイレから戻ってきたオットが
「白鳥に近づかないでって看板に書いてあるよ。」
「え?どこ?」
「そこらじゅうに、たくさん書いてある。」

洞爺湖 中島の白鳥


ほんとだ。
白鳥目指して一目散だったから、全く目に入らなかった。

やっぱり
陸で近くにいるより、泳いでいるお姿のほうが白鳥らしくて素敵。

洞爺湖 中島の白鳥


あっという間に30分が過ぎて、お迎えのボートが。
またビュンビュン飛ばして戻ります。
さようなら〜中島、さようなら〜白鳥さんとカモメさん。

洞爺湖 ボートから見た中島


車でホテルに戻る途中、「ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」でランチ。
美味しいと評判のお店。
ホテルからサミットキャビンに乗って降りてくるとこの左横に着くのね、きっと。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ


やっぱりマルゲリータのピッツァは必須。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ


香ばしくておいしかったけれど、なんとなく塩が足りないかな。
他に注文したサラダやカプレーゼはややしょっぱめ。
でもスープはとてもおいしかったです。
こちらのお店はホテルの建物内にはないけれど、ウインザーのレストランなので、お値段もホテル価格でそれなりに、です。
ホテルからは10分くらいかな、シャトルバスも出ています。

ホテルに戻った後は、カート遊覧などしたかったけれど、やはりホテルは雲の中。
湖周辺は曇りでも晴れ間があったりするのに、ホテルのあるポモロイ山6合目7合目あたりまで来ると、だんだんと雲が厚くなり、ホテルに着く頃にはすっぽり覆われてしまうのよね、残念ながら。
ということでプールへ。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ プール


ビート板や浮き輪などもあって、自由に使えます。
奥にはジャグジー、サウナも。
屋内プールだけれど長時間入っていると体が冷えるので、2回ほどジャグジーで温まってはプールに戻るを繰り返しました。

プールの後は温泉へ。
同じフロア、しかもバスローブを羽織って行かれるのでらくちん。
露天風呂のあるお風呂と、内風呂のみのお風呂とが、男女日替わりです。
今日は露天風呂のほうが女風呂。やった!
露天風呂は目の前が草原?のような素朴な雰囲気のお風呂で、草の匂いがしてリラックスできました。
温泉へはお部屋からバスローブで行き来OKなので、気軽に行かれていいなと思います。

夕食は鉄板焼きの「アウトオブアフリカ」。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


私が感動的においしかったのはタラバガニ。
火の通り具合が絶妙でした

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


お肉も

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


あまりに火が凄すぎて、もうシェフが全く見えませんっ!

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


帰りに娘と私にバラの花。
女性へのプレゼントなんだそう。
このお店、映画「アウトオブアフリカ」がコンセプトになっているそうで、映画の最後のシーンにちなんで、とのこと。
今度、観てみなきゃ。粋なはからいに

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ  レストラン アウトオブアフリカ


ウインザー最後の夜。
大きなガラスにロビーの灯りが映って綺麗。

夜のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ ロビー


外はやっぱり霧の中。
幻想的だけれどね。セーター羽織っても寒い。
いよいよ明日は洞爺湖とお別れ。お天気どうかなぁ。。。

夜のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
洞爺湖 2日目 カルトナージュのある暮らし [plus@home]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる