カルトナージュのある暮らし [plus@home]

アクセスカウンタ

zoom RSS 別府のお宿 「GAHAMA terace」から東京の自宅へ

<<   作成日時 : 2018/08/06 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自然いっぱいの阿蘇にお別れして向かったのは別府にある「GAHAMA terace/ガハマテラス」。
古く歴史のある建物を保存しつつ、客室はモダンで新しい雰囲気という、和洋そして新旧が混在する温泉旅館。

テラスと呼ばれるところには水盤。
プールではないけれど(水深15pだそう)水があるというだけで涼し気でリゾート感が。
増築工事中とのことで、正面には思いっきりビニールシート丸見えでちょっと残念。。。
(写真には写らないよう頑張って撮りましたが、左上にちょこっと見えてます。)

別府 ガハマテラス


お部屋に向かう通路左手には歴史ある建物「照波園」。
お茶室として利用できるそう。

別府 ガハマテラス 照波園


和の歴史ある建物を見た直後、お部屋に入る鍵は最先端のタッチ式カードキー、なんともいえないギャップ(笑)
お部屋も全体的に和モダン。

別府 ガハマテラス リビング&和室


ベッドルームも広々。

別府 ガハマテラス ベッドルーム


ゆったりとしたウォークインクローゼットがあるのでお部屋に荷物が散らばらず、素敵な雰囲気を十分に楽しめるのがとても良かったです。
キッチンコーナーが独立して設けられていたり、ウッドデッキに用意されたサンダルにカバーがかけられていたり、タオルウォーマーがあったり、きめ細やかな心配り。

そしてなんといってもお楽しみは、このプール

別府 ガハマテラス 部屋のプール


6.5×2.5mくらい?のコンパクトなプール、でもお部屋にあって自由に遊べるのは嬉しい
温泉を利用して一年中入れるらしい。

そしてこのドアの向こうには、プールからの〜〜〜

別府 ガハマテラス 扉の向こうに


温泉

別府 ガハマテラス 温泉


とても広くて、豊富なお湯が。
プールから直接入れるところに感激。
長くプールに浸かって冷えた体に暖かい温泉は最高!

夕食は割烹料理かフレンチかを選べます。
別府に来る前、界阿蘇さんで和食が続いていたので、ここでは迷わずフレンチを選択。
個室でゆったりと自分たちのペースでお料理が頂けるのも良かったし、変な話、クーラーの温度設定も自分たちで決められるので寒がりの私にはありがたかったです。
もちろんお料理もとても美味しく頂きました。

部屋に戻るとライトアップされたプールが素敵。

別府 ガハマテラス 夜のプール


一転、翌朝のプールはというと…

別府 ガハマテラス 翌朝のプール


すでに木の葉や枝などがたくさん浮き、それに加えてプールサイドの椅子に干しておいた水着が飛ばされて底に沈んでる…悲しい…(涙)

そうなんです、お部屋にプールって良いんだけれどね、大変なこともたくさん。
周りの木から常に葉などが落ちてきちゃう。
だからムスメと私がプールで遊ぶ横で、オットが常に網で葉などをすくう、という感じでして。
しかも台風が近づいてきている状況で、時折強い風が吹くとそれはもう大変でして。
ヴィラの屋根の上に残っていた松ぼっくりが飛んできたのには思わず笑っちゃいました。
チェックアウトの時間を1時間遅らせてもらい(2700円の料金がかかってしまうけれど)、プールと温泉を満喫しました。

宿を出た後は、とりあえず別府観光の大定番「地獄めぐり」でもするか。
別府には地獄(地底から湧き出る温泉噴出口)が7つあり、まず向かったのは「血の池地獄」。
ただでさえ暑いのにこの湯気が更に周囲の温度を上げている気が。。。

別府 血の池地獄


近くで見るより遠くから見る方が「血の池地獄」っぽい。

別府 血の池地獄


ここで携帯に悲しいメールが。
予約していた夜のフライトが台風の影響で欠航に
心配してはいたものの進路が少し反れたこともあり、まあ大丈夫だろうと甘くみてました…。
血の池地獄で地獄のようなメールを受け取ってしまった私たち。

さあ、ここからが大変!
観光なんてしている場合ではなくなり、どうやって帰るか必死の検索(笑)。
もう一泊して明日に振り替えても、飛行機が飛ぶ保証はなし。
飛行機がだめなら陸路?小倉から新幹線?
レンタカー会社に大分空港からJR小倉駅返却の変更OKもらって、新幹線のチケットもとれそう。
急遽、小倉をめざして高速を飛ばす。
待てよ、北九州空港からスターフライヤーが飛んでいるではないか!
と目的地は北九州空港へ再度変更。
なんとか4時すぎに到着して4:30のフライトに振り替えてもらいました。
でもなんだかんだで検閲通過したのは4:25
引き返す可能性もあるけれど離陸、なんとか静岡上空へ。

飛行機から見える台風の上?の雲


ここで機長からアナウンス。
今までの経験上、機長のアナウンスはあまり良いことがなく嫌な予感。
台風の影響で着陸する羽田の滑走路が1本しか使えない、着陸をやり直すかもしれないから到着時刻が遅れるかも、という内容。
とりあえず引き返さずにすみそう。お願いします、機長!!
でも台風だから揺れる揺れる。。。
私はすっかり乗り物酔いしてしまったけれど、なんと1発で無事に着陸
疲れたよ
ぐったりだよ
ほんと良かったよ

大分空港で食べるはずだった夕食の関サバ関アジは、羽田空港でラーメンに化けました。
でもホッとして食べたラーメンはとても美味でした。

無事に帰宅した後お風呂に入ってニュースを見ていたら、新幹線止まってるじゃない!
新幹線に乗っていたら、今頃まだ静岡辺りで足止めだった。
普段から何が起きても動じない神経の太さ、どうするのが良いのか瞬時に判断する感覚を研ぎ澄ましておくことも必要だわ、としみじみ感じた旅となりました。
もちろん無事に予定通り終わる旅行が一番だけれど、たまにはこんなハプニングも必要なのでは
まあ、終わりよければ全て良し
とにかく
ありがとう、スターフライヤー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
別府のお宿 「GAHAMA terace」から東京の自宅へ カルトナージュのある暮らし [plus@home]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる